メタプログラムの本

メタプログラムの本

メタプログラムの解説書としては、「「影響言語」で人を動かす」という本があります。

また、より理論的な面に興味がある方には、「Figuring Out People」という本もおすすめです(和訳はありません)。

どちらも良書です。読むことで、メタプログラムについての学ぶことができます。

ただ、水泳の本を読んでも、それだけでは泳げるようにならないように、何かを身に付けるためには実践が必要です。

メタプログラムも、身につけるためには、実際に体験するプロセスが必要です。本だけではなかなか実践的なスキルとして身につけるのが難しい場合は、講座による体験学習が適しています。

今回の講座は、講義による解説のみならず、ワーク(演習)による体験的学習を多く取り入れ、単なる知識ではなく、すぐに使える実践的なスキルとして、深く習得して頂くことができるように設計しております。また、資料としてオリジナルテキストをお配りします(もちろん、日本語です)。